加圧トレーニング Q&A

 

Q&A

テレビ、マスコミでは頻繁に耳にするようになってきた「加圧トレーニング」ですが、
まだ未体験のお客様も多く、スタジオでよく聞かれるご質問をこちらにまとめてみました。

 

 Q.加圧トレーニングの効果は?

A、ダイエット・血行促進・回復力アップ・筋力アップ・若返り・美肌などがあります。

 

 Q.血流を制限すると身体に悪影響はでませんか?
A、適切な圧なら問題ありません。
加圧トレーニングにとって、最も重要なのは適正な圧力です。
これによって適切に血流を制限し、効果が上がります。
制限しすぎると血液が筋肉に流れなるため、
素人判断で行うのは大変危険です。

 

 Q.あまり筋肉をつけたくないのですが・・
A、お客様のご要望に合わせてトレーニングを行いますので、心配ありません。
女性のお客様には、細く、しなやかなでバランスの良い
筋肉をつけることをおすすめいたします。

 

 Q.加圧トレーニングの頻度はどのくらい?
A、週2回が限度です。
トレーニングの間隔は2~3日あけるようにしていただいております。
通常のトレーニングの何倍も効果があるので、毎日必死にやる必要はありません。
適度なトレーニングを長く続けるほうが効果は上がります。

 

 Q.加圧トレーニングを始めて体重が増えたのですが・・・
A、トレーニングを始めると、初めに筋肉が増えるため、体重が増える場合があります。
その後、体脂肪が減少すると体重も減少して行きます。
高精度筋量計を設置しておりますので、最初に筋肉量や体脂肪量の測定をお勧めします。

 

 Q.トレーニング後は食べ物を食べない方が良い?
A、減量が目的の場合は、トレーニング後約2時間は食べない方が無難です。
加圧トレーニング直後は胃腸の吸収が良くなっていますので、
甘いものなどは控えてください。
筋力アップや筋肉をつけて引き締めたい場合には
タンパク質を摂るのがおすすめです。

 

 Q.加圧トレーニングで脂肪は減りますか?

A、筋肉をつけ、基礎代謝を上げることで脂肪が減りやすい身体になります。
成長ホルモンの働きにより脂肪が燃焼しやすくなっていますので、
加圧トレーニング後には有酸素運動が効果的です。

 

 Q.加圧トレーニングで肌の調子が良くなるのですか?
A、加圧トレーニングを行うことで通常の約290倍の成長ホルモンが分泌されます。
成長ホルモンは筋肉を作るだけでなく、肌のハリやツヤを取り戻してくれる効果があります。
当スタジオでも肌の調子が良くなったと言われる方が多くいらっしゃいます。

 

 Q.妊娠中でも加圧トレーニングはできますか?
A、妊娠中の方のトレーニングはお受けできません。
加圧トレーニングは血流を制限するため胎児への影響が考えられます。
また、その他の疾病で病院にかかられている方は、
主治医の了承を得てからのトレーニングとさせていただきます。

 

 Q.生理中でも加圧トレーニングはできますか?

A、可能です。
トレーニング前に体調をお伺いしておりますので
生理にかかわらずちょっとしたことでも気軽におっしゃってください。

 

 Q.腕と脚以外の場所も鍛えられるのですか?
A、成長ホルモンは使った筋肉以外にもに働きます。
加圧トレーニングで成長ホルモンを分泌させ、
その前後に他の筋肉のトレーニングを行えば
しっかりとその部位も鍛えることが可能です。

 

 Q.筋肉痛になりますか?
A、加圧トレーニングは通常のトレーニングの約30%程度の
軽い負荷で行うため筋肉痛になりづらいです。

 

 Q.リバウンドはないのですか?
A、加圧トレーニングはただ体重を落とすだけではありません。
筋肉を鍛えることで基礎代謝を高め、脂肪がつきにくいカラダに変えていきます。
トレーニングを止めてもすぐに体質が元に戻ることは少なく、リバウンドの心配は
それほどありません。
ただし、その後もトレーニングを続けなければ徐々に体質が戻ることがありますので
継続することをお勧めします。

 

 Q.ケガや病気の時でも加圧トレーニングはできますか?

A、症状や疾患の内容によって異なりますが持病のある方は必ずトレーニング前に医師にご相談ください。
加圧トレーニングは医師の監修の元にリハビリ目的で活用される場合もあります。